お金は有意義に使うことです

消費税がどんどん上がっています。

お金を節約するために毎回同じ店で食事か

消費税がどんどん上がっています。そのたびに生活に関わる商品、サービスの価格が上がっています。庶民にとっては辛いところですが日本のためには仕方がないようです。仕事をしている人は昼食は外食をすることが多いようです。このときお金を節約するために安いお店にばかり行くことがあります。近くに牛丼店しかなければそちらにしか行かないようなケースです。

牛丼の安いところなら300円以内で食べられます。確かにリーズナブルで実質上のお金は増えていきそうです。でも同じお店、ありきたりのお店の場合は特に話題がありません。チェーン店であれば全国にあるのでこのお店のこの商品がおいしかったと伝えても誰もが知っている情報になります。仲間と話をするときの話題などにすることが出来ません。

少し高いところでも毎回違うお店にランチに行くようにします。チェーン店よりは個人のオーナーのお店です。そこでしか食べられない、そのお店しかないメニューなどを食べるようにします。するとそれを他の人に話すことが出来ます。それを他の人が知っていればそこから話題が広がることがあります。実質上のお金は減りやすいかもしれませんが、コミュニケーションがとりやすくなって目に見えない価値が増えます。

Copyright (C)2017お金は有意義に使うことです.All rights reserved.